副作用バスター

肺がんの両方を紐解く【治療の選択肢が広い!】

外科療法の種類

外科療法では、主に2通りほどの方法があります。症状が軽い場合は、楔上・がんが生じている区間ごと切除する縮小手術、重度の場合はがんが生じた肺葉のみ・肺全てを切除する標準手術があります。ただ、肺は生きていく上で欠かせない臓器であるので、進行しすぎてしまうと切除が困難となります。

色々ある療法

ドクター

使用される抗がん剤

手術による切除が難しい場合は、抗がん剤を用いります。主に、肺がんに高い効果を発揮するシスプラチンやイリノテカンなどの薬剤を併用するケースが多めです。これらの療法で、がんを小さくしてから手術で切除します。また、症状の度合いによっては、放射線治療を併用するケースもあります。

放射線治療と抗がん剤と相性抜群

放射線治療と抗がん剤治療は、高い治療効果を発揮します。肺がんで用いられるシスプラチンやエトポシドと言った薬剤は放射線と相性が良く、高い治療効果が得られます。また、放射線は外科療法とも併用するケースもあります。3大がん治療法の中では、メインではなく他2つの両方の補助的な役割を担います。

まだまだある!最新の肺がん治療法

肺がんに関しては、最新のものを含めて治療方法の選択肢が幅広いのが特徴。免疫細胞は勿論ですがレーザーでの縮小法や切除法も確率されています。また、研究段階ですが遺伝子細胞を用いてがん細胞を攻撃する療法もあります。将来的にも、治療の選択肢が広がる肺がん治療は、低リスクで克服できる日もそう遠くはありません。

広告募集中