副作用バスター

抗がん剤治療後は副作用が目立たなくなる!精神負担も軽減化

再び毛は生える

相談

念願の髪の毛が生える!

抗がん剤は、がん細胞だけでなく毛母細胞や爪と言った増殖を繰り返す細胞にも影響を及ぼすため、副作用として頭髪が抜け落ちてしまいます。ごっそり抜けるとショックは大きいですが、克服してしばらく経過すれば元通り髪の毛が生えます。克服してしばらくすれば髪がまた生える考えれば、精神的な負担が軽減しやすいです。

生えるペースは人それぞれ

髪が生え揃うペースは、人によって異なりますが、早くて1年経過した頃合いからフサフサな頭髪が戻ってきます。その頃合いならウィッグや帽子を外しての外出できます。ただし、治療前の髪質と異なるケースがあります。ストレートから癖毛化もあり得るので、気になったら美容室へ駆け込みましょう。

失った体力も回復

がん細胞はともかく、副作用とも戦う抗がん剤治療は、気力体力共に落ち込みやすいものです。克服した後は、すぐ体力が戻ってくるわけではありません。一応、克服後は運動をしても大丈夫ですが、体力が落ちたと焦らずゆっくりと取り戻していきましょう。

外見の支援を利用

抗がん剤治療は、副作用で体に変化をもたらすので、外出を躊躇しやすくなります。クリニックによっては、治療による外見変化のストレスを軽減するため、美容関係者や薬剤師、臨床心理士と提携を結び外見支援を行なっているので、それらを利用するのも有効な手段です。

広告募集中