副作用バスター

喫煙以外にも肺がん発症要因あり【対策法も同時に把握すべし】

喫煙が原因だけではない!

一般的に、肺がんを発症させる原因は、たばこの受動喫煙と副流煙が原因とされていますが、その他にも発症原因が挙げられています。効果的に肺がんを抑制するために、有力視されている発症原因を把握し、効果的な予防策を実践すべきです。

ホルモンや大気にも要因が

病院

女性ホルモンも原因に!

近年のがん研究では、肺がんを発症させる原因として「女性ホルモン」が挙げられます。女性ホルモンについては月経期間が長い、あるいは女性ホルモン補充治療を受けた経験がある人が多く発症しているため、肺がん発症原因で有力視されています。

空気中に漂う汚染物質も危険!

女性ホルモンの他に、大気汚染も肺がん発生原因として有力視されています。我々が普段呼吸をする際、肺末端にある肺胞マクロファージが有害物質を除去していますが、同時に活性酸素を生み出してしまいます。肺の中で活性酸素が蓄積されれば、正常な細胞にまで影響を及ぼし、ガンを誘発してしまうのです。

PM2.5も肺がんを誘発させる

日本にも多大な影響を及ぼすPM2.5は、ナノサイズの物質ですが複数の有害物質が混ざった混合物です。PM2.5はたばこと同程度の有害性で、充満している環境下に身を置いただけで肺がんなどの疾患を引き起こします。近年では天気予報にPM2.5の量も表示しているので、季節によっては空気清浄機やマスクなどの防護策が必須です。

イソフラボンが予防の鍵

肺がんを予防するためには、イソフラボンの適量接種が望ましいです。医療研究機関の調査によると、イソフラボンの摂取が多いほど肺がん発症リスクが低くなることが明らかになりました。ちなみに、イソフラボンを摂取しても、喫煙をすれば予防効果が発揮されないので、発症リスク軽減のために禁煙をおすすめします。

広告募集中